読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タンパク質、ミネラル、ビタミンの不足も体重増加の原因のひとつだそうです。

皆様あけましておめでとうございます。

正月早々テンションが低いです。

おせちを予約して食べるのを楽しみにしていたのですが、知らないお客さんに全部食べられてしまいました。

ショックで言葉もありません。

いくらかかっていると思っているのですか・・

 

話は変わって、ダイエットしなきゃなあということで、この前、知った知識をシェアしたいと思います。

 

 あまり食べていないのに太ってしまう方が中にはいらっしゃいます。
これはどうしてなのでしょうか。

これは、体調面にも影響してきます。

この体重が増える原因というのは、沢山あるのです。

主に食べ過ぎ、動かなすぎ(運動不足)加齢または、生まれつきによる代謝の悪さです。

 

 その中から原因をつきとめる必要があるのです。
 
食が細い方にありがちなのが、栄養が体に吸収しきっていないことが、太る原因になることもあります。
 
タンパク質、ミネラル、ビタミンの不足も体重増加の意外な原因にもなっています。
個人的には、これが多いかと思うのですが、ストレスからが原因の場合です。
ストレスを抱えると、食事がのどを通らなくなります。
逆に食に走ってしまう場合もあります。
ストレスは睡眠不足も引き起こします。
 
元々あまり食べれない方は、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの成分が入ったものを食事にとりいれましょう。
これらが不足しすぎても太りやすい体を作る原因になります。
初歩的なことですが、運動をしなさすぎも原因の一つです。
 
内臓や心臓が弱ると運動するときすぐに疲れてしまい、結局運動できないことが脂肪をつくり、肥満な体を作りあげてしまいます。早漏対策にはこれがおすすめ!スパーキー佐藤 効果

  • SEOブログパーツ